TOPICS
会員向け一般発売チケット情報はこちら

スペシャル

 

熊川哲也 Kバレエ カンパニー『マダム・バタフライ』制作記者発表レポート! NEW!

今年、設立20周年を迎えるKバレエ カンパニーが、20年の集大成として全幕バレエ『マダム・バタフライ』を世界初演で上演する。世界三大オペラのひとつと言われるプッチーニの『蝶々夫人』を、熊川哲也がどのようにバレエで描きだすのか。また、物語の舞台が開国間もない明治時代の長崎という事で、Kバレエとしても日本を舞台にした作品の上演は初の試みとなる。和と洋の融合という点でも、振付や衣裳、セットにも興味が尽きない。
7月29日、制作記者発表が行われ、芸術監督の熊川哲也とともに主要キャストの矢内千夏、中村祥子、成田紗弥、宮尾俊太郎が登壇、作品についての思いや意気込みを語った。

詳しくはコチラ
ミュージカル「ファントム」製作発表会見レポート!

フランスのベストセラー小説『オペラ座の怪人』を原作としたミュージカル「ファントム」は、怪人ファントムの人間像に焦点をあてたストーリーと独創的な楽曲で高い評価を得ており、日本でも2004年の初演以来上演を重ねてきた大ヒットミュージカルだ。この度上演される2019年版では、主演のファントム役を務める城田優が演出にも挑戦するという「ファントム」史上初の試みでも話題を集めている。 7月22日、製作発表会見が行われ、演出・主演の城田優、Wキャストでファントム役に挑む加藤和樹をはじめとした主要キャストが一堂に会し、それぞれの意気込みを語った。

詳しくはコチラ
『スーパー歌舞伎 II(セカンド)ヤマトタケル』記者発表とプレゼンショーレポート!

国際的スポーツの祭典まであと400日という2019年6月20日、とあるスペシャルプロジェクトが発表された。2020年夏、四代目・市川猿之助主演による『スーパー歌舞伎 II(セカンド) ヤマトタケル』を、IHIステージアラウンド東京で上演するというものだ。TBSと松竹の提携によるこのビッグプロジェクトが、市川猿之助の演出によってどのような新しい世界を見せてくれるのか、今から期待が高まるニュースだ。会場となるIHIステージアラウンド東京で行われた記者発表では、主演の市川猿之助から本作にかける思いが語られた。

詳しくはコチラ
A New Musical『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』
柚希礼音&ソニン インタビュー


アメリカの作曲家コンビであるクレイトン・アイロンズ&ショーン・マホニーと日本版脚本・演出の板垣恭一、精鋭クリエイティブ・チームが力を合わせて、新作ロックミュージカルを創り上げます。自由を求めて闘う女性たちの熱いドラマを描いたロックミュージカル『FACTORY GIRLS〜私が描く物語〜』。主演の柚希礼音と共演のソニンが意気込みを語り合いました。

詳しくはコチラ

赤坂ACT倶楽部とは 入会金1000円 年会費4000円